0157-66-2255
0157-66-2255

北見小児科医師が書いた子育てアドバイス

6か月健診

赤ちゃんが生まれて半年、寝返りが上手になり、お座りが少しずつ安定します。人見知りも始まり、離乳食にも慣れてきています。お母さんからの免疫が なくなってくる時期でもあり、カゼをひいたり、熱をだしたりすることがあるかもしれません。

6か月健診の質問項目とチェックポイント

  • 両手をついて背を丸くして、ほんのわずか座れますか
  • どちらかに寝返りしますか
  • 抱っこしていると顔をいじりますか
  • そばにあるものを手を伸ばしてつかみますか
  • お母さんがわかりますか
  • 立たせると足をピョンピョンしたり、足をつきますか
  • お母さんが名前を呼ぶと振り向きますか
  • 話しかけるような声を出しますか
  • 声をかけると、泣き止んだりうれしそうな様子をみせますか
  • 目の位置がおかしいと思いますか

あおむけでしばしば足の指をもって遊んだり、しゃぶったりします。6か月ではお座りが出来なくても異常ではありません。 6か月前半では背中を丸めて両手をついてほんの数秒座れます。7か月では手をついてしばらくの間座れます。 寝返りは6か月でできなくても異常ではありません。抱っこしていると、顔を見て手で触れて確かめようとします。 興味のあるものに手を伸ばしてつかむようになります。手を伸ばしてつかむか、つかまないか、どんなつかみ方で取るか をチェックするために、顔にタオルなどをかけるテスト(ハンカチテスト)を行います。5か月児では布をかけると 両手でさっと取り、6か月児では片手で取ることが多くなります。

6か月健診のキーポイント

  • 体重の1日あたりの増加量は10~15g(3か月健診から1㎏は増加)
  • 寝返り、お座りの状況
  • うつぶせで、肘ではなく手で上半身を支える
  • 顔にかけた布を手で取る
  • 手を伸ばして物をつかむ(親指、人差し指、中指で物をつかむ)
  • 両手を合わせる
  • 人見知りをする
  • 話しかけるような声を出す
  • 予防接種の接種状況のチェック

Copyright © 2018 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る