0157-66-2255
0157-66-2255

北見小児科医師が書いた子育てアドバイス

子どもの利き手①

みなさんは右利きですか?左利きですか?そしてお子さんは?子どもの利き手はいつごろ決まってくるのでしょう。

利き手の発達

生後6ヶ月くらいになると、おもちゃを右手で持ったり左手で持ったり、左右に持ち替えたりしますが、おもちゃに触れたりつかんだりするのに伸ばす手は右か左かどちらか一方に限られているようです。

このころはまだ気になりませんが、2歳ころクレヨンで絵を書いたりスプーンを使うようになると、子どもが左手で物をつかむのをみて「左利きかしら?」と気になります。大人が右利きが多いので、お母さんと向い合ったときに母親のまねをして同じ側の手である左手を使うという時期でもあります。

4歳ころ利き手は固定

50年も前に、アメリカの著名な発達心理学者であるゲセルが、利き手について詳しい観察を行っています。数十人の子どもを生後8週から10歳まで10年にわたって、最初は毎月1回、その後は毎年1回、いろいろな動作をやらせて利き手を判定しました。

その結果右利きになった子どもでも乳児期には主に左手を使ったり、両利きの時期があったりで、何回も『利き手の交代ないし移動』が認められています。

そして2歳ころには右利きであることがかなりはっきりしてきますが、その後3歳前後にはもう1度両利きの時期を経た後、4歳ころになってやっと利き手が固定してくるというものでした。左利きになった子に関しても同じような経過で利き手がきまっています。

ゲセルの功績は、はっきり利き手が決まる以前に、成長、発達に伴って何回も利き手の交代が起こることを指摘した点にあります。

利き手の予測

胎児を超音波で観察すると、さかんに指しゃぶりをするしぐさが見られます。最近、1000人の妊婦さんの検査から、妊娠10~12週ころ胎児が右手の親指を左手よりも頻繁に吸っていた場合、子どもはほぼ確実に右利きとして生まれてくる、という研究結果がイギリスから報告されました。

これが事実だとすると、これまでの「4歳ころ利き手が決定」という学説を大きく覆すこととなり、注目されています。また先に述べたゲセルは、おもしろい観察をしています。生後3ヶ月未満の赤ちゃんは、眠るとき顔を左右どちらか一方に向けているものですが、この向き癖から将来の利き手を予測しえるとしています。

すなわち右側を向いて眠る赤ちゃんは右利きに、左側の向き癖の強い場合は左利きになるというものです。本当でしょうか?

Copyright © 2017 北見市 小児科 秋山こどもクリニック

小児科HOMEへ戻る