院長あいさつ|秋山こどもクリニック
こんにちは、
院長の秋山です。

院長 秋 山  和 範

この度、北見市に開院して14年目。 これまで、お子様の安心できるかかりつけ医(ホームドクター)であればと思い、努力してきました。 今後も、この地域の子どもたちの健やかな成長のお手伝いができればと思っています。日常の生活で不安に思われていること、お困りのことなど気楽にご相談ください。


自己紹介

大学卒業後20年間、新生児科医としてNICU(新生児ICU)に勤務し、いろいろな赤ちゃんを診てきました。その後、妻の郷里(留辺蘂)である北海道の自然にあこがれて北見で開業して14年、すっかり北見の人間になっています。寒いのはとても苦手ですが…。

趣味は、釣り(船酔いのため、もっぱら岸壁釣り、川も少し)、読書(エッセイ好き)。時間に追いまくられた生活が長かったせいか、いまだになにもしない時間の過ごし方が下手、休みでも無理に用事を作って何かしています。


院長の略歴


1976年
日本大学医学部卒業
1980年
同小児科大学院修了
 同年
医学博士号取得
1981年
国立小児病院新生児科医員
1987年
都立大塚病院小児科医長
母子愛育総合母子センター講師併任
日本大学医学部小児科講師兼任
1996年
秋山こどもクリニック開院
(1988年〜2003年)
日本周産期新生児学会評議委員

日本小児科学会認定小児科専門医


兼任している仕事


北見市医師会理事
(学校保健部会長
(地域社会活動部会長


TOPに戻る